スポンサーサイト

media,genre:
category:/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪と罰:二つのレポート

media,genre:VOAニュース/社会/
category:/英語構文解説

■課題英文■

今週の「英語の構造を読む」課題は
Crime and Punishment: Two Reports
02 March 2009
より 抜粋いたしました。

音声はコチラ



Crime and Punishment: Two Reports

Imagine that you live on a street
where there are broken windows, graffiti painted on buildings and waste on the ground.
Would this environment lead to other acts of property damage or crime?

European researchers say the answer is yes.
The researchers say they found strong evidence
that signs of disorder can lead individuals to carry out criminal acts or bad behavior.
The researchers work at the University of Groningen in the Netherlands.
They reported their findings in Science magazine last November.
Their report is called "The Spreading of Disorder."

■学習法■

英語を頭から理解する方法がわからない方は、
英語の構造の読み方を参考に。

伸ばしたい能力によって、課題英文を、
ノートに書き写す
構造を読みながら聞き取る
作業を行なうようにすると、効果的です。

■英単語・表現■

日本語訳でチェックしたい、今日の英単語・英語表現です。
sb は somebody の略
sth は something の略

graffiti
waste
environment
property damage
crime
a researcher
evidence
disorder
lead sb to do
carry out
criminal acts
bad behavior
to report
a report
spreading


英文法:
名詞節
同格表現
形容詞節
仮定法のwouldの用法



■日本語訳■

構造の解読や、聞き取り練習に活用しましょう。

罪と罰:二つのレポート

「想像する」that 「あなたは」「住んでいる」「道に」
where 「そこは」「ある」「割れた窓」「落書き」「塗られた」「建物に」そして「ゴミ」「路上に」//
「だろうか」「この環境は」「導く」「他の行動」「物的損害 や犯罪を」//

「あるヨーロピアン研究者達」「言う」「答えは」「である」「YES」//
「その研究者達は」「言う」「彼らは」「見つけた」「最強の証拠を」
「騒乱の兆し」「導く事ができる」「個人が」「実行する」「犯罪行為または悪い行動を」
「その研究者は」「働く」「グロニンゲン大学で」「オランダの」
「彼らは」「報告する」「彼らの発見を」「サイエンスマガジン に」「昨年11月」
「彼らの報告は」「呼ばれる」「騒乱の広がり」




■スラッシュ解答■
Crime and Punishment: Two Reports

VImagine/ O 名詞節{that/ syou/ vlive/ on a street/
形容詞節{where/ there/ vare/ s(broken windows,/ (graffiti/ painted/ on buildings) and (waste/ on the ground)). //
VWould/ Sthis environment/ lead/ to other acts/ (of property damage or crime)?

SEuropean researchers/ Vsay/ O{sthe answer/ vis/ cyes}.//
SThe researchers/ Vsay/ O{sthey/ vfound/ ostrong evidence/
同格{that/ ssigns of disorder/ vcan lead/ oindividuals/ to carry out/ (criminal acts or bad behavior).//
SThe researchers/ Vwork/ at the University of Groningen/ in the Netherlands.//
SThey/ Vreported/ Otheir findings/ in Science magazine/ last November.//
STheir report/ Vis called/ O"The Spreading of Disorder."//




■あとがき■

犯罪と罰則に関する興味深いレポートです。

前半は、壊れた窓を放っておくと犯罪を
誘発するという理論を証明する研究結果について。

前半部分の最後の方に、ルールを記載した立て看板に対する反応は、
"In all situations, people were more likely to violate the rules "
だったと、あります。

「この規則を守りなさい。」と言われると破りたくなる。
中学の頃の校則を思い出します。


後半は、罰則の効果について。
罰則は、低コストで滅多に使われず「脅し」の効果がある時のみ
効果があるという研究結果です。

興味のある方は、全文の講読に挑戦してみて下さい。

(Wikipedia内)
割れ窓理論
について
応援お願いします→英語学習ランキング | にほんブログ村

2009-03-09

印刷ページ |
英文法 | 冠詞 | 名詞 | 形容詞 | 副詞 | 前置詞 |
節の見分け方 | 名詞節 | 形容詞節 | 時の副詞節 | 副詞節 |
時制 | 助動詞 | 仮定法 | 比較級 受動態 | 分詞(形容詞的用法) | 分詞構文 |
動名詞と不定詞の違い | 動名詞 | to不定詞(名詞的用法) | (形容詞・副詞的用法) |

トラックバック

http://sakuraenglish.blog67.fc2.com/tb.php/65-630a859f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ニューヨーカー心理と規則

ニューヨーカーは信号を守らない。たとえ赤でも車が来ていなければどんどん渡る。車が来ていても「渡れる」と思ったら渡る。 時にはその判断を間違え危うく「事故!」になりそうになり、 \"Sorry!\" と大人しく謝ったり、ドライバーを睨んだり、時には逆切れして\"Fxxk y...

comment

Secret

英語学習グッズ

桜のサイト・ブログ

クリック募金

クリックで救える命がある。
クリックするだけで、企業があなたに代わって募金します。
カテゴリ
検索フォーム
桜のサイト・ブログ
最新記事
media/genre 別

VOAニュース社会文化経済政治週間ST医療・健康芸術・芸能言葉・語源留学教育科学生活週刊STオバマ大統領週刊演説伝記就活歴史ECO

月別アーカイブ
英語オンライン辞書
辞書は使いすぎず効果的に利用します
英字新聞
日系 オンライン英字新聞 アメリカ オンライン新聞 英字新聞定期購読
逆アクセスランキング
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。