スポンサーサイト

media,genre:
category:/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・ローレンスとアメリカの歴史 第三回

media,genre:VOAニュース/文化/芸術・芸能/
category:おさえたい英語表現/英語の動詞・助動詞


■内容■
今週の「英語の構造を読む」課題は 
'The Migration Series' by Jacob Lawrence
Shows an Important Period in American History

By Steve Ember and Barbara Klein,
THIS IS AMERICA in VOA Special English: 06 July 2008
より抜粋いたしました。

音声はコチラ

月曜日 英文 と 日本文
水曜日 スラッシュ解答 と 文法解説
金曜日 おさえておきたい表現


■英文■

'The Migration Series' by Jacob Lawrence Shows
an Important Period in American History

This week we tell about an important series of historical paintings
created by the African-American artist Jacob Lawrence.
This modernist painter was only twenty-four
when his Migration Series made him nationally famous.
All sixty paintings in this series are currently being shown
at the Phillips Collection in Washington, D.C.
These skillful works are as expressive and meaningful today
as they were when Jacob Lawrence first painted them over sixty years ago.

■おさえておきたい表現■

S V IO DO と、S V O to sb の微妙な違い

She showed me some pictures.
She showed them to her boyfriend, too.


S V IO DO と S V O to sb(somebody の略)
の書き換え問題はテストに良く出ますが、
S V O to sb の言い方は、O(目的語)が代名詞でない時は少し不自然です。

つまり、
She showed some pictures to me.
という文は、
She showed me some pictures.
よりも不自然です。

「彼女が写真を見せた」と言いたいのなら、別に、「誰に」という事を言わなくてもS V O で言えます。

そこに、to,という前置詞を付け足して情報を捕捉するのには、それなりの「意識」があり、理由があるのです。

ですから、特に「私に」と言いたいのでなければ、
she showed me some pictures.
で十分なのです。

「絵を見せた、私に」と強調したいのであれば、
She showed some pictures to me.
になります。


2番目の例文、
She showed them to her boyfriend, too.
が、S V O to sb の形なのは、
「目的語が、代名詞だから」と気の利かない文法書は言います。

確かに、直接目的語が代名詞の時は、S V IO DO の形は絶対使いませんが、
代名詞と言うことは、既知の情報、今ここで言いたいのは、「彼にも」という事なのですね。
ここが肝心です。


もうちょっと例を挙げて見ましょう。

I threw him a ball.
I threw a ball at him.


最初の文は、「彼にボールを投げた」
二つ目の文は、「彼に向かって」という意識。

S V IO DO は、動作の単純な叙述ですが、
S V O to(for, at) sbは、「誰に」という意識のある動作の叙述です。

そんな、微妙な差がある事を念頭に置いて下さい。


Make の基本的な意味

Make の基本的な意味は、「作る」です。
この基本を押さえていれば、Make の持つ、色々な意味・熟語を理解することが可能です。

Make の意味を Oxford 英英辞書で引くと、
to create or prepare sth by combining materials or putting parts together
と載っています。

つまり、ゼロから何かを作るのではなく、何かと何かを合わせ、違う形を「作る」のです。

この核となる意味を理解すると、
Make O C が、「Oを~にする」という意味も自然と理解できます。

His Migration Series made him nationally famous.
という文は、
彼の「 Migration Series 」は、彼を作った。
どんな彼かと言うと、
"nationally famous" な彼と解釈できます。


同様に、Make O 原型動詞 「O に ~させる」使役動詞という感覚もつかめます。

I made him go to shool.
「彼を作った」どんな?「学校に行く彼」 ということですね。

Make O C も、Make O 原型動詞 も、目的語の意思・意図は、全く関係ありません

ですから、「Oを~にする」とか、「Oに~させる」といった、
一見、「作る」"make" から、かけ離れた意味のように見えるわけです。

こんな風に核となる意味を見ながら、色々な意味をとらえるようにすると、知らない熟語を聞いたり読んだりしても、なんとなく意味がつかめる様になります。



■あとがき■
予約登録を忘れて、更新が送れてしまいました。
すみません。
応援お願いします→英語学習ランキング | にほんブログ村

2008-07-14

印刷ページ |
英文法 | 冠詞 | 名詞 | 形容詞 | 副詞 | 前置詞 |
節の見分け方 | 名詞節 | 形容詞節 | 時の副詞節 | 副詞節 |
時制 | 助動詞 | 仮定法 | 比較級 受動態 | 分詞(形容詞的用法) | 分詞構文 |
動名詞と不定詞の違い | 動名詞 | to不定詞(名詞的用法) | (形容詞・副詞的用法) |

トラックバック

http://sakuraenglish.blog67.fc2.com/tb.php/23-5b7a2397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

comment

Secret

英語学習グッズ

桜のサイト・ブログ

クリック募金

クリックで救える命がある。
クリックするだけで、企業があなたに代わって募金します。
カテゴリ
検索フォーム
桜のサイト・ブログ
最新記事
media/genre 別

VOAニュース社会文化経済政治週間ST医療・健康芸術・芸能言葉・語源留学教育科学生活週刊STオバマ大統領週刊演説伝記就活歴史ECO

月別アーカイブ
英語オンライン辞書
辞書は使いすぎず効果的に利用します
英字新聞
日系 オンライン英字新聞 アメリカ オンライン新聞 英字新聞定期購読
逆アクセスランキング
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。