スポンサーサイト

media,genre:
category:/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スヌーピーの生みの親

media,genre:VOAニュース/文化/伝記/
category:/英語構文解説

■課題英文■

今週の「英語の構造を読む」課題は
Charles Schulz, 1922-2000: He wrote the popular comic strip “Peanuts” for 50 years.
より 抜粋いたしました。

音声はコチラ


Charles Schulz, 1922-2000:
He wrote the popular comic strip “Peanuts” for 50 years.

Millions of people around the world who loved the comic strip "Peanuts"
were sad when Charles Schulz died in February, two thousand.
He was seventy-seven years old.
The artist who created Charlie Brown and his dog Snoopy
had retired a month earlier because of poor health.
The last new daily “Peanuts” appeared January third
in two thousand six hundred newspapers in seventy-five countries.

Charles Schulz drew "Peanuts" for fifty years.
The comic strip first appeared in seven American newspapers in nineteen fifty.
At that time, the subjects were all children and animals.
They still are.
People love these characters
because they demonstrate the failings and strengths of all human beings.
For example, Charlie Brown usually cannot get things right. But he tries his best.
And he never stops trying.
■学習法■

英語を頭から理解する方法がわからない方は、
英語の構造の読み方を参考に。

伸ばしたい能力によって、課題英文を、
ノートに書き写す
構造を読みながら聞き取る
作業を行なうようにすると、効果的です。



■日本語訳■
構造の解読や、聞き取り練習に活用しましょう。

「チャールズ・シュルツ」「1922-2000」
「彼は書いた」「人気漫画」「ピーナッツを」「50年間」

「何百万という人々」「世界中の」who「愛した」「漫画」「ピーナッツを」
「悲しかった」「チャールズ・シュルツ氏が亡くなった時」「2月に」「2000年の」//
「彼は」「77歳であった」//
「このアーティストは」who「創った」「チャーリー・ブラウンと彼の犬スヌーピーを」
「引退していた」「1ヶ月前」「健康を理由に」//
「最後のニューデイリー『ピーナッツ』は現れた」「1月3日に」
「2600紙の新聞に」「75カ国の」//

「チャールズ・シュルツ氏は描いた」「ピーナッツを」「50年間」//
「その漫画は」「初めて現れた」「7つのアメリカの新聞に」「1950年」//
「その当時」「題材は」「全て子供と動物であった」//
「それらは今もそうである」//
「人々は愛している」「これらキャラクターを」
「何故なら彼らは示している」「失敗や強さを」「全ての人間の」//
「例えば」「チャーリーブラウンは普段させられない」「物事を」「正しく」//
「しかし彼は挑戦する」「彼の最良を」//
「そして彼は決して止めない」「挑戦を」//



■スラッシュ解答■

Charles Schulz,/ 1922-2000:/
SHe/ Vwrote/ Othe popular comic strip/ “Peanuts”/ for 50 years.//

SMillions of people/ around the world/
形節{swho/ vloved/ othe comic strip/ "Peanuts"/}
Vwere/ sad/ 副節{ when/ Charles Schulz/ died/ in February, two thousand}.//
SHe/ Vwas/ seventy-seven years old.//
SThe artist/ 形節{swho/ vcreated/ o(Charlie Brown/ and his dog/ Snoopy/)}
Vhad retired/ a month earlier/ because of poor health.//
SThe last new daily “Peanuts”/ Vappeared/ January third/
in two thousand six hundred newspapers/ in seventy-five countries.//

SCharles Schulz/ Vdrew/ O"Peanuts"/ for fifty years.//
SThe comic strip/ first Vappeared/
in seven American newspapers/ in nineteen fifty.//
At that time,/ Sthe subjects/ Vwere/ Call children and animals.//
SThey/ still Vare.//
SPeople/ Vlove/ Othese characters/
副節{because/ sthey/ vdemonstrate/
othe failings and strengths/ of all human beings}.//
For example,/ SCharlie Brown/ usually Vcannot get/ Othings/ Cright. //
But/ She/ Vtries/ Ohis best.//
And/ She/ never Vstops/ Otrying. //



■あとがき■
スヌーピーの作者チャールズ・M・シュルツ氏についてです。

今から10年前、仕事に疲れ切っていた時スヌーピーのもっと気楽にに出会いました。会社の食堂で昼休みに読んでいたので、「何か悩みあるの?」なんて聞かれたことも、しばしばありましたが。

それまでスヌーピーの漫画を読んだ事は無かったのですが、「小さな事でゴタゴタ悩んでも仕方ないな。でも、それも人間だよな。」と心が癒されたのを覚えています。
応援お願いします→英語学習ランキング | にほんブログ村

2009-10-30

印刷ページ |
英文法 | 冠詞 | 名詞 | 形容詞 | 副詞 | 前置詞 |
節の見分け方 | 名詞節 | 形容詞節 | 時の副詞節 | 副詞節 |
時制 | 助動詞 | 仮定法 | 比較級 受動態 | 分詞(形容詞的用法) | 分詞構文 |
動名詞と不定詞の違い | 動名詞 | to不定詞(名詞的用法) | (形容詞・副詞的用法) |

トラックバック

http://sakuraenglish.blog67.fc2.com/tb.php/142-c02b79b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

comment

Secret

英語学習グッズ

桜のサイト・ブログ

クリック募金

クリックで救える命がある。
クリックするだけで、企業があなたに代わって募金します。
カテゴリ
検索フォーム
桜のサイト・ブログ
最新記事
media/genre 別

VOAニュース社会文化経済政治週間ST医療・健康芸術・芸能言葉・語源留学教育科学生活週刊STオバマ大統領週刊演説伝記就活歴史ECO

月別アーカイブ
英語オンライン辞書
辞書は使いすぎず効果的に利用します
英字新聞
日系 オンライン英字新聞 アメリカ オンライン新聞 英字新聞定期購読
逆アクセスランキング
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。