スポンサーサイト

media,genre:
category:/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

州のニックネーム 第二弾

media,genre:VOAニュース/文化/
category:/英語構文解説

■課題英文■

今週の「英語の構造を読む」課題は
Words and Their Stories: State Nicknames, Part 2
より 抜粋いたしました。

音声はコチラ


Words and Their Stories: State Nicknames, Part 2

As we told you last week, every American state has a nickname.
Here are some more of them.

Idaho is known as the Gem State.
This is not because it has diamonds
but because it believes it is the jewel of the western Rocky Mountains.
Illinois is the Land of Lincoln.
It is named for Abraham Lincoln,
the sixteenth president who led the nation through the Civil War in the eighteen sixties.
The Midwestern state of Indiana is called the Hoosier State,
but nobody is quite sure why.


■英単語・表現■

日本語訳でチェックしたい、今日の英単語・英語表現です。

be known as
not A but B
jewel
be named for
lead O
the Civil War
a hoosier
not quite

~として知られている
AではなくB
宝物
(名前が)~に由来する
~を導く
南北戦争
不器用な人
完全に~なわけではない

英文法
AS節
受身
名詞節
形容詞節
■学習法■

英語を頭から理解する方法がわからない方は、
英語の構造の読み方を参考に。

伸ばしたい能力によって、課題英文を、
ノートに書き写す
構造を読みながら聞き取る
作業を行なうようにすると、効果的です。

■日本語訳■
構造の解読や、聞き取り練習に活用しましょう。

「言葉とその話」:「州のニックネーム」「パート2」

as 「我々は」「言った」「あなたに」「先週」
「各アメリカの州は」「持っている」「ニックネームを」//
「ここに」 「である」「もう少し」「それらの」//

「アイダホ州は」「知られている」「宝石の州」//
「これは」「ではない」
「だから」「それは」「持っている」「ダイアモンドを」
「しかし」「だから」「それは」「信じる」
「それは」「である」「宝物」「ロッキーマウンテンの」//
「イリノイ州は」「である」「リンカーンの土地」//
「それは」「由来する」「アブラハム・リンカーンに」「第16代大統領」
who 「導いた」「この国を」「南北戦争を通じて」「1860年代」//
「中西部のインディアナ州は」「呼ばれる」「不器用な州」
「しかし」「誰も」「でない」「全く確かなわけ」「何故か」//



■スラッシュ解答■

Words and Their Stories: State Nicknames, Part 2

副節{As/ swe/ vtold/ oyou/ last week},
Severy American state/ Vhas/ Oa nickname.//
Here/ Vare/ Ssome more of them.//

SIdaho/ 受身Vis known/ as the Gem State.//
SThis/ is/ not 名節C1{because/ sit/ vhas/ diamonds}
but C2{because/ sit/ vbelieves/
名節o{(that) sit/ vis/ cthe jewel/ of the western Rocky Mountains}}.
SIllinois/ Vis/ Cthe Land of Lincoln.//
SIt/ Vis named/ for Abraham Lincoln,/ 同格the sixteenth president/
swho/ vled/ othe nation/ through the Civil War/ in the eighteen sixties}.//
S1The Midwestern state of Indiana/ V1is called/ C1the Hoosier State,/
but/ S2nobody/ V2is/ C2quite sure/ 名節{why (it is called).//



■NOTE■
this is because とsure の後の節は、名詞節というのが一般的な解釈のされようです。

because 節は、通常副詞節ですが、this is の場合、
補語としての機能を果たしているため、名詞節として解釈されます。

sure の場合、be sure of it that節 の 
前置詞of と仮目的語のit が省略された形という説明がなされているようです。

be afraid that節 も同様です。

私自身、be sure of it that 節 の文を見たことは無いのですが、
感覚的には、「名詞節」という感じがしっくりきます。


■あとがき■
州のニックネーム第2弾です。

それぞれに色々なあだ名がありますね。
文章全体で、
be動詞、 has a ○○ nickname, be known as (for),
be called, be named for,
get its nickname from, borrows its nickname from
等、言い方を変えてあだ名を紹介しています。

こうした表現のバリエーションを学んでみるのも良いですね。
応援お願いします→英語学習ランキング | にほんブログ村

2009-08-14

印刷ページ |
英文法 | 冠詞 | 名詞 | 形容詞 | 副詞 | 前置詞 |
節の見分け方 | 名詞節 | 形容詞節 | 時の副詞節 | 副詞節 |
時制 | 助動詞 | 仮定法 | 比較級 受動態 | 分詞(形容詞的用法) | 分詞構文 |
動名詞と不定詞の違い | 動名詞 | to不定詞(名詞的用法) | (形容詞・副詞的用法) |

トラックバック

http://sakuraenglish.blog67.fc2.com/tb.php/109-46a2b171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

comment

Secret

英語学習グッズ

桜のサイト・ブログ

クリック募金

クリックで救える命がある。
クリックするだけで、企業があなたに代わって募金します。
カテゴリ
検索フォーム
桜のサイト・ブログ
最新記事
media/genre 別

VOAニュース社会文化経済政治週間ST医療・健康芸術・芸能言葉・語源留学教育科学生活週刊STオバマ大統領週刊演説伝記就活歴史ECO

月別アーカイブ
英語オンライン辞書
辞書は使いすぎず効果的に利用します
英字新聞
日系 オンライン英字新聞 アメリカ オンライン新聞 英字新聞定期購読
逆アクセスランキング
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。